ACアダプター・スイッチング電源のトキトレーディング

ACアダプターとは

 

ACアダプタとは、小型家電製品等で用いられる電源装置のことを言います。

商用電源より交流 (Alternating Current, AC) 電力を入力し、それぞれの機器に合わせた形式の電力を出力する。直流電力を出力するAC-DCアダプタが一般的である。

電力会社から供給される商用電源(=AC電源)は、一般的に交流である。それに対して、電力を消費する電気製品の側は、直流(=Direct Current, DC)を使用するものも多く、変圧器整流器、安定化回路などからなる電源装置によって、一旦直流に変換する必要が生じる。この電源装置を物理的に分離、独立させたものがACアダプタである。

通常、電子機器(テレビ,ラジオ,パソコンなど)と呼ばれる部類の電気製品で利用されることが大半で、照明機器や洗濯機のような電化製品と呼ばれる部類の電気製品で使われることはあまり無い。

ACアダプタは元々、トランジスタラジオのような電池駆動のモバイル型電子機器で使われる機会が多かったが、今日では熱源の分離、設計の容易さなどの理由から、電池駆動ではない電子機器でもACアダプタが利用される機会は増えている。

なお、ACアダプタは一般的に交流電源を直流電源に変換するAC-DCアダプタを指すが、変圧だけを目的とした交流出力のAC-ACアダプタも、ACアダプタと呼ばれている。

 

ACアダプタが利用される典型例として、携帯電話携帯音楽プレーヤー携帯型ゲーム機ノートパソコン等のような、持ち歩いて使用される製品が多い。

なお、電源を内蔵可能な大きさの機器であっても、電源が発するノイズを避けるため、あえて電源を内蔵せずACアダプタとして、本体から分離することもある。

内蔵する充電式の電池二次電池)によって駆動することを前提とする機器では、ACアダプタの主用目的は電池充電のための電流供給である。

一般的なACアダプタ自体には本来の意味での充電器が備えているべき充電制御回路などは搭載されていないが、計帯電話などの充電に使われることが多いため充電器(充電機、じゅうでんき)と呼ばれることもある。

最新のUSBパワーデリバリーとは、USBタイプCコネクタ付ケーブルで、機器同士を接続させ双方向に電力を供給するしくみ、あるいはその規格のことです。(USB Power Delivery – USB PD)
この程、最大60W出力が可能なUSBパワーデリバリー機能付ACアダプターの開発が完了しました。
今後準備が整い次第、本サイトでご案内させて頂く予定です。