医療・ACアダプタのトキ

2018.08.21

甲子園と農業高校

 

『KANO 1931海の向こうの甲子園』という映画をご存知でしょうか?
2014年の台湾映画で、2015年には日本でも上映されました。
日本の俳優、永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀さんらも出演しています。
87年前は、満州代表、朝鮮半島代表、台湾代表も
甲子園に出場していたそうで、多くの高校球児達が海を越えてやってきたそう。
その昔、日本政府が台湾南部の農林開拓促進のために創設した台湾嘉義市の嘉義農林高校。
一度も勝利したことのない弱小野球部が日本人監督の元、
1年間の猛特訓の末、甲子園初出場でいきなり準優勝を果たす、
という実話が映画化されたものです。
今年の甲子園は第100回記念大会。
金足農業高校の躍進は素晴らしい以上の感動を我々に与えてくれました。
最後は負けてしまいましたが、
87年前の台湾代表、嘉義農林高校の球児達の気持ち、
地元の応援、地元以外の人たちの歓声、それら全部は、
今時を超えて重なり合ってみえるかも、です。
弊社近所の市立図書館でこの本の貸し出しをしています。(きっとあなたの近所の図書館でも)
ゲオやTSUTAYAでDVDレンタルしています。
YouTube→ https://www.youtube.com/watch?v=kW9qmn_3wsE
次の休みは甲子園にまつわる映画鑑賞などいかがでしょうか?
ACアダプターのトキトレーディング 営業A